SW工法|東京・足立区 宇梶商会

トップページ > SW工法

末永く、暮らしやすい住まいを職人の手で築くために
 LIXIL スーパーウォール工法 による住まいづくりを、 ご提案いたします。

オールシーズン暮らしやすいSW (スーパーウォール) 工法 (LIXIL資料からの抜粋)

SW工法は、LIXIL独自の高性能SWパネルによる高気密・高断熱・高耐震構造。
冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、
住まいの基本性能を大きく向上します。

高気密、高断熱構造

玄関ドアやサッシ等は、基材のアルミと断熱性に優れた樹脂素材(アルミの1250倍)の複合構造。
アルミの特長をそのままに、樹脂が窓まわりの激しい熱移動をしっかり抑えます。
また、基礎部分の熱移動には、基礎の内側または床での断熱施行でしっかり対応します。

窓まわりの断熱構造
断熱・防露サッシ
図1.断熱・防露サッシ

3.49 W /( m2 ・K)以下〔3.0kca l/( m2 ・h ・℃)以下〕
アルミ+樹脂の複合構造で高い断熱性能を発揮します。

断熱玄関ドア
図2.断熱玄関ドア

3.49 W /(m2 ・K)以下〔3.0kcal /(m2 ・h ・℃)以下〕
ドアに組み込んだ断熱材が、高断熱性能を発揮します。

基礎部分の断熱構造
基礎断熱
図3.基礎断熱

基礎に断熱材を施行します。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。

床断熱
図4.床断熱

床の直下に断熱材をいれ、建物の断熱性能を高めます。※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。

24時間計画換気システム

SW工法住宅給気時の流れ

高気密住宅であるSW工法住宅では、使用する建具などに配慮してシックハウスの原因を取り除くだけでなく、24時間計画換気でいつもキレイな空気を保ち、ご家族の健康を守ります。

計画換気システム
イメージ図
計画換気システムイメージ図

冷暖房

SW工法住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度低下はゆるやか。
真冬の凍てつく早朝でも、 すっきり目覚める快適温度をキープでき、暖房を入れれば少ないエネルギーですぐに温まります。

暖房停止後の温度変化

グラフ「暖房停止後の温度変化」

SW工法における冷暖房について

SW工法のすぐれた保温性能と冷暖房との併用によって、一年を通して快適な居住環境を実現しています。 ※一酸化炭素を室内に放出する開放型の暖房設備は使用できません。酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。

▼ 詳しくは、LIXILスーパーウォール工法へ

http://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/別ウィンドウで開きます

LIXILスーパーウォール工法へ